プロのアドバイス

予算内の結婚式を実現するために!値引き交渉のポイントをまとめます

値下げ交渉
Manami
Manami
こんにちは!元ウェディングプランナーのManamiです。元ウェディングプランナーだからこそお伝えできる結婚式のお得情報をお伝えしています。

結婚式をあげるとなると、それ相応の資金が必要です。ゲストからご祝儀という形で収入もありますが、すべてご祝儀でまかなうことはなかなかむずかしいことかもしれませんね。

「当初の見積もりより100万円上がってしまった!」、「予想以上に予算がかかり大赤字だった!」などのフレーズは本当によく耳にする言葉です。

こういった予算オーバーを防ぐためにも、値引き交渉の具合が大きなポイントになってきます。

Manami
Manami
今回は、見積もりの値引き交渉にポイントをあて、「どうすればコストカットにつながるのか」をご紹介していきます!ぜひ参考にされてください。

なぜ見積もりが上がってしまうの?

予算内の結婚式を実現するために!値引き交渉のポイントをまとめますまず、なぜ初期の見積もりから大幅に予算がオーバーしてしまうのか?理由としては以下の通りです。

人数が大幅に増えた

結婚式で予算が上がる大きな要因のひとつは、人数の増加です。料理代金も1人1万円計算としても5名増えるだけで5万円の増加になりますね。

人数が増えれば、テーブル数が増えることも考えられ、テーブル数の増加により、装花の個数の増加につながる結果に。

衣装代が予想以上にかかった

衣装代金も予算が上がる大きな要因です。中でも初期見積もりには「ウェディングドレス1着分」しか入っていないため、カラードレス分が追加となることも多いでしょう。

カラードレスも10万円から30万円ほどかかることが多いですから、この分が上乗せされるわけです。

演出アイテムがグッと増えた

初期見積もりの段階で、「プロフィールムービー5万円」「撮って出しエンドロール15万円」など、演出に関する予算を含めていることも少ないです。

しかし、こういった演出はのちのち必要になってくる資金。上乗せすると、想像以上の予算オーバーにつながるのです。

初期見積もりに「入っていないもの」が多数あった

例えば、「引出物の個数がわからないので、目安料金のみの提示だった」「チャペル内の装花の金額は入っていなかった」など、初期見積もりの段階で入っていない項目が多いと、その分が上乗せされるかたちとなり、見積もりがアップします。こういったケースは多いため、注意が必要です。

最低ランクの内容では満足いかなかった

初期見積もりの内容には、「最低限の必要な項目」を掲示していることも多いです。1万円の料理では納得がいかず、1万5千円の料理に決定したらどうでしょう?5千円×人数分が上乗せされてきますね。

ご紹介した項目の他にも、「司会者を指名したら追加料金がかかった」「ドレスや引出物に持ち込み料がかかった」など、追加となる項目は無数にあります。

こういった「ふたりのこだわり」や「どうしても譲れないこと」などから予算がふくれあがることにつながっていくのです。

では、実際値引き交渉をする際、どのようなポイントがあるのでしょうか?

値引き交渉のポイント1 値引きは式場決定前にすること!

値引き交渉を進めていく上で一番重要なことは「交渉のタイミング」です。重要なことは、会場を決める前におこなうということ。

契約書を交わす前」に交渉するのです。値引き交渉だけでなく、持ち込みに関してや自分たちのこだわりに関してなど、心配事は契約前に全てクリアにしておきましょう。

副編集長
副編集長
契約後は、式場側のルールに従うこととなり、不必要なお金がかかることも考えられますよ!

また、値引き交渉に関しては式場決定後では、なかなか受けてもらえません。式場によっては、全く応じてくれないこともあるため、式場決定前に交渉するようにしてください。

値引き交渉のポイント2 どの時期でも値引き交渉に応じてくれるわけではない

神戸北野 ル・ヴァン・ヴェール

他の記事でも紹介していますが、結婚式には結婚式が多いトップシーズン(4月〜6月、9月〜11月あたり)、結婚式が比較的すくないオフシーズン(1月、2月、7月、8月あたり)にわけられます。

トップシーズンの中でも、ゴールデンウィークや体育の日の連休、11月22日(良い夫婦の日)は人気が高く、2年先まで予約が入ることもめずらしくありません。

また言い換えれば、トップシーズンは「値引きをしなくても予約が入る時期」です。

わざわざ値引きしてまで予約を入れなくても、「他の方の予約が入るだろう」と思っている式場も多く、大幅な値引き交渉に応じてもらえないことは想像が付きますね。

そのため値引きを依頼するなら、オフシーズンをねらうこともおすすめできるといえるでしょう。

また、結婚式の数自体が少ない平日も値引きにはおすすめです。

日柄を対象とすると「仏滅」も人気が高いわけではないためおすすめだといえます。(日柄を気にされる親御さまも多いです。仏滅に結婚式を予定する場合は、事前の相談が重要です)

特に専門式場は結婚式がメインの仕事のため、平日は会場が空いていることが多く、「空いている会場に予約を入れてもらえるなら、値引きもOK」ということも十分考えられますよ!

しかし、オフシーズンや平日、仏滅などの日柄に応じて、その時期限定のプランがあることも考えられます。

こういったプランを利用しての申込みの場合、プラン自体がお得な設定のために値引きを受けられないことも考えらるため、注意が必要です。

値引き交渉のポイント3 会場を決めるのは月末がお得

式場の経営体制によるため、日にちは断定できませんが、月末に予約をする方が交渉に応じてくれる可能性が高いです。

それは、月ごとの予約件数に目標(ノルマ)を掲げていることが多いことが理由です。

営業の経験がある方なら想像がつくかもしれませんが、結婚式も一種のサービスですから、会社や式場の売り上げのためにこういった目標を毎月たてています。

月末に値引き交渉を受けてもらえる可能性が高いことはこのノルマ達成と大きな関係があります。

「あと1組申込みがあれば、今月の目標(ノルマ)達成だ!」とあれば、他の方よりも大幅な値引きをしてでも契約に結びつけたいと考えることもあるでしょう。

現役時代、上司とは何度もこのような交渉をし、契約をいただいた経験もありますし、他のプランナーさんの契約現場も月末の方が断然多かったです。

そのため、交渉は月末にし、その月内に申し込むことで多くの値引きを受けられる可能性は十分にありますよ。

値引き交渉のポイント4 他式場と「迷っている」フリも効果アリ!

既に申し込みたいという会場が決まっている場合でも、他の式場と迷っている「フリ」をすることも重要です。

「ここに決めたいけど、○○は△円安くて…」、「■■の会場は、今月決めたら◎円安くしてくれるみたいで…」など、資金面の差を提示し、迷っていることを伝えることはとてもおすすめです。

現役時代も、自社に決めてほしいため、「では、■■の会場と同じく◎円お値引きいたします」と何度伝えたことか…それだけ他の式所いうと天秤にかけることは重要だといえます。

値引き交渉のポイント5 結婚した友人から紹介してもらう

式場予約

大きな値引きのポイントに「コネクションを活用する」ことがあります。

たとえば、「支配人と新郎の父親が友人」、「プランナーと新婦は幼なじみ」、「会場と取引をしている会社に勤務している」など、太いコネクションがあれば、大きな値引きを受けられる可能性が考えられます。

しかし、なかなかこんな太いコネクションは少ないと思いますので「結婚式をした友人からの紹介」ここにポイントをおきましょう。

もし、この「先月結婚式をした友人」が大きな値引きを受けていれば、同じくらいの値引きを受けられる可能性もあります。

これだけサービスしてもらったと聞いたけど、同じだけ自分たちにもしてくれるの?」と交渉も切り出しやすいですね。

会場とつながりがある人を探すことが難しい場合、友人の結婚式で参加した会場に的を絞ることもおすすめです。

プランナーの魔法の言葉には気をつけて!

実は、見積もりがアップする要因のなかに「プランナーの魔法の言葉」があります。どんな言葉かというと…

  • 一生に一度だから
  • みなさんこれくらいは予算を持たれていますよ
  • ゲストも喜ばれると思いますよ
  • ○○さまには、こちらがおすすめですよ

などなど…

プランナーも仕事のひとつです。新郎新婦が満足のいく結婚式をご案内することはもちろん重要ですが、式場や会社に売り上げとして予算を確保することも重要な職務内容。

そのため、できるだけ予算をアップさせたいと思っています。そのため、さまざまな言葉を利用し、予算をあげていくのです。

担当のプランナーさんが「一生に一度なので、こちらのほうがおすすめです」と予算がかかる方をすすめてきた場合は要注意!

本当に自分たちに必要なものかどうか、じっくり考えてみることをおすすめします。

しかし、プランナーさんは予算を上げてくる悪魔ではありません!予算がない場合でも、どのような方法でなら新郎新婦の希望をかなえられるか、一生懸命力になってくれるはずです。

予算が出せない場合は、素直にそう話してももちろんOKです!何が言いたいかというと…プランナーさんをいくら信頼していても「一生に一度」などの言葉に惑わされず、自分たちに必要なことを考えていってほしいと思います。

最後に

値引き交渉についておすすめできるポイントと、見積もりが上がる理由、アイテムの契約時に注意することなどをまとめました。

値引き交渉も重要ですが、こういった交渉だけで100万円も値引きを受けられるとはなかなか考えにくいです。

見積もりアップにつなげないために、おすすめできる方法は、初期見積もりを提示してもらう時点で、「おおよそ必要なものを全部入れた見積もりを制作してもらうこと」です。

  • 食事料金は真ん中のコースで
  • ドレスは2着分いれる
  • 装花も1ランク上のものをいれる
  • 引出物も多めに見積もってもらう
  • 決まっていない演出アイテムは金額を決め、演出料金○円として計算
  • アルバムやカメラマンの撮影代金も追加する

など、自分たちが希望していることを全部まとめた内容で見積もりを制作してもらっておけば、びっくりするほど予算が上がることもないでしょう。

また、同じ内容で他の式場にも見積もりを依頼すれば、他の会場との差を検討できる良い材料となります。

そのためには、ブライダルフェアに参加するなどし、結婚式のイメージを簡単にでもまとめておく必要があります。

漠然と「結婚式したい!」だけではなく、「○○と▲▲は必ず結婚式で取り入れたい」「結婚式には、■人呼ぶ!▽▽は持ち込みしたい」など、具体的な内容をふたりで話し合っておくことは大切です。

結婚式のイメージをふくらませた上で今回ご紹介した値引き交渉のポイントを考えていけば、予想以上の値引きが受けられることもあると思います。

上手に値引き交渉をすすめ、お得にステキな結婚式が挙げられますように!どなたかの参考になればうれしいです。

憧れのドレスを着こなす!

憧れのドレスを試着してみたけど、ドレス姿の自分とモデルさんが着ている写真を見比べてガッカリ…なんてことになっていませんか?

そこでオススメなのがブライダルエステ。痩身、フェイシャル、二の腕、背中など、ドレスを着こなすためのお悩みは人それぞれ。

そこで、花嫁のお悩み別に、当サイトからの申込み件数と本サイト制作に関わっている元ウェディングプランナーさんたちの口コミをもとに、本当に価値のあるブライダルエステをランキングにしました。

お悩み別のランキングを公開する前に、当サイトからの申込み件数が多い順にランキングを作成しました。知名度が高くて、体験コースが安い「エルセーヌ」さんが一番人気でしたよ。

副編集長
副編集長
ランクキングは人気のバロメーターだから、チェックしてみて。通いやすい場所に店舗があるかは公式サイトで確認してね。
ランキング1位
大手「エルセーヌ」という安心感に加え、体験1回500円からと気軽に体験コースに参加できるのが魅力。当サイトからの申込み件数ではナンバーワンです。
評価
エステ名 エルセーヌ
コース名 ブライダルエステ体験コース ボディコース 体験1回500円
概要 二の腕やウエストなどウェディングドレスを綺麗に着こなすための痩身に加え、ドレスで見える背中の肌ケアもしてくれますよ。
ランキング2位
「たかの友梨」も大手エステサロンですね。たかの友梨のブライダルエステ体験コースは1回5,380円とエルセーヌに比べて割高ですが、美肌ケアに興味がある方にはぜひともオススメ。
評価
エステ名 たかの友梨
コース名 ブライダルホワイトコース70分 体験1回5,380円(税込)
概要 基本的にはフェイシャルを中心とした美肌ケアをしてくれます。もちろんウェディングドレス姿で重要になるデコルテもスベスベになりますよ。
ランキング3位
「エステティック ミス・パリ」でもブライダルエステをやっています。体験コースはブライダル専用ではありませんが、10万円(税抜)でブライダル向けの3つのコースがあります。
評価
エステ名 ミス・パリ
コース名 二の腕・ワキ集中トリートメント
概要 ミスパリの『二の腕・ワキ集中トリートメント』 でたるんだ二の腕、背中のラインをガツンと引き締める! 今なら、9,000円(税別)で効果に納得の品質体験実施中♪
ランキング3位
評価
エステ名 ル・ソニア
コース名 ブライダルエステ エステ体験 1回5,400円
概要 徹底的に二の腕と背中引き締めケアをしてくれる体験コースです。
温熱効果で老廃物を排出を促し、二の腕・背中・ワキ肉などのたるみやむくみ、ハミ肉のボディケアをします。